連盟沿革

沿革

○中等学校野球時代

・大正4年
第1回全国中等学校野球選手権大会兵庫予選、県下7校が参加しての開催
・大正8年
第5回全国中等学校野球選手権大会、神戸一中が優勝
・大正9年
第6回全国中等学校野球選手権大会、関西学院中が優勝
・大正12年
第9回全国中等学校野球選手権大会、甲陽中が優勝
・大正14年
第2回明治神宮大会、第一神港が優勝

○戦前・戦中・戦後の主な出来事

・昭和3年
第5回全国選抜中等学校野球大会、関西学院中が優勝
・昭和4年
第6回全国選抜中等学校野球大会、第一神港が優勝
・昭和4年
第5回明治神宮大会、第一神港が優勝
・昭和5年
第7回全国選抜中等学校野球大会、第一神港が優勝

○高等学校野球になってから

・昭和27年
第34回全国高等学校野球選手権大会、県芦屋が優勝
・昭和27年
優秀選手の表彰をはじめる
・昭和28年
第25回全国選抜高等学校野球大会、洲本が優勝
・昭和44年
3月、兵庫県選抜チーム 沖縄親善遠征
・昭和47年
第17回全国高等学校軟式野球選手権大会、飾磨工業が優勝
・昭和47年
第27回国民体育大会(軟式)、飾磨が優勝
・昭和48年
6月、ハワイ高校選抜・兵庫県高校選抜親善試合開催
・昭和49年
8月、韓国高校選抜・兵庫県高校選抜親善試合開催
・昭和49年
第45回全国選抜高等学校野球大会、報徳学園が優勝
・昭和49年
12月~1月、フィリピン親善遠征
・昭和51年
第31回国民体育大会(軟式)、六甲が優勝
・昭和52年
第59回全国高等学校野球選手権大会、東洋大姫路が優勝
・昭和53年
第23回全国高等学校軟式野球選手権大会、飾磨工業が優勝
・昭和53年
第33回国民体育大会(硬式)、報徳学園が優勝
・昭和56年
第63回全国高等学校野球選手権大会、報徳学園が優勝

○昭和58年12月28日付 財団法人認可

神戸市中央区古湊通2丁目2-2に事務所をおく

○昭和59年以降の主な出来事

・平成5年
第75回全国高等学校野球選手権大会、育英が優勝
・平成9年
第1回ちびっこベースボール塾実施
・平成9年
第42回全国高等学校軟式野球選手権大会、育英が優勝
・平成9年
第52回国民体育大会(軟式)、育英が優勝
・平成10年
5月ブラジル選抜・兵庫県選抜、親善試合開催
・平成11年
3月アメリカ・ベント高校・兵庫県より3校(神戸村野工、神港学園、関西学院)と国際親善試合
・平成11年
12月兵庫県選抜チーム、タイ遠征(対戦国 タイ・インドネシア)
・平成11年
指導者の指導技術向上を目指した指導者委員会が発足
・平成13年
第1回顧問総会実施
・平成14年
第74回選抜高等学校野球大会、報徳学園が優勝
・平成15年
第58回国民体育大会(軟式)、育英が優勝
・平成16年
秋季近畿地区高等学校野球大会、神戸国際大附が優勝
・平成17年
IT導入、A-KITシステムを利用し登録業務等簡素化
またHPに試合速報等掲載サービスを開始
・平成17年
第50回全国高等学校軟式野球選手権大会、神港学園が優勝
・平成17年
8月大阪と兵庫選抜チーム、台湾へ遠征し優勝(対戦国:台湾・中国・韓国)
・平成17年
OBクラブより元プロ野球選手を講師に招いて研修会を実施
・平成18年
第61回国民体育大会 兵庫で開催  硬式:高砂市 軟式:丹波市
・平成18年
秋季近畿地区高等学校野球大会で報徳学園が優勝し、第37回明治神宮野球大会で準優勝
・平成19年
秋季近畿地区高等学校野球大会で(硬式)東洋大姫路が優勝 (軟式)神戸弘陵学園が優勝 東洋大姫路は第38回明治神宮野球大会に出場
・平成19年
シンポジウム「夢の向こうに」in兵庫をアルカイックホール(尼崎)で開催
・平成20年
第80回記念選抜高等学校野球大会に東洋大姫路が出場し、ベスト4
・平成20年
12月兵庫県選抜チーム、タイ遠征中止(タイ情勢不安のため)
・平成21年
秋季近畿地区高等学校野球大会、神戸国際大附が優勝し、第40回記念明治神宮野球大会に出場
・平成21年
12月兵庫県選抜チーム、タイ遠征(対戦国 タイ)
・平成22年
春季近畿地区高等学校野球大会で(硬式)報徳学園が優勝
第92回全国高校野球選手権大会に報徳が出場し、ベスト4
・平成23年
第84回選抜高等学校野球大会「21世紀枠」近畿代表に県立洲本高校が選ばれる
法人法改正により12月26日をもって財団法人兵庫県高等学校野球連盟を解散

○平成23年12月27日付 一般財団法人として発足

・平成24年
12月兵庫県選抜チーム、台湾遠征
・平成25年
平成25年度より県下17支部を5地区に分けて地区大会を実施 春季県大会出場校数を17校から36校とする
12月兵庫県選抜チーム、タイ遠征(3回目)
・平成26年
12月兵庫県選抜チーム、台湾来日親善試合
・平成28年
県大会登録人数を選手18名から20名、記録員を2名から1名に変更
春季大会でタイブレーク制を導入

○現在に至る

ページトップへ

歴代・会長・理事長・審判部長

会 長
氏 名
期 間
賀須井 千
昭和21年~24年
加藤 直三
昭和25年~26年
春日 直樹
昭和27年~30年
渡辺  勲
昭和31年~43年
西岡敬之介
昭和44年~45年
田村  豊
昭和46年~49年
森口 勝治
昭和50年~58年
梶原 和夫
昭和58年~60年
白木 信光
昭和60年~61年
多田 健一
昭和61年~平成元年
井上 秀雄
平成元年~6年3月
福尾 康之
平成6年4月~9年5月
高  拓夫
平成9年5月~12年5月
西川征志郎
平成12年5月~14年5月
中澤 光昭
平成14年5月~16年5月
佐伯 博文
平成16年5月~17年5月
藤岡 弘司
平成17年5月~19年5月
常本  明
平成19年5月~平成23年5月
西谷 仁孝
平成23年5月~平成25年5月
富樫 暁宏
平成25年5月~平成27年5月
八木 基雄
平成27年5月~平成29年5月
田靡 幸夫
平成29年5月~
理 事 長
氏 名
期 間
釜内 和夫
昭和32年~平成9年
岡村 純一
平成9年~平成18年12月
笠間 龍夫
平成19年5月~平成25年5月
(平成18年9月より代行)
福留 和年
平成25年5月~
審 判 部 長
氏 名
期 間
鍛冶川 弘祥
~(審判委員長)
八木 昌男
~昭和54年
三輪 武
昭和54年~昭和56年
村上 裕
昭和56年~平成15年
岡本 良一
平成15年~